交通事故 [事例8]

異議申立にて後遺障害14級に認定され賠償金330万円を獲得した事例

30代男性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、腰椎捻挫、右肩関節捻挫 320万円

背景

ご夫婦であるご依頼者のうち、ご主人が自動車を運転し、奥様が助手席にいたところ、その直進中、左方の道路外の駐車場から自動車が進行してきて、ご依頼者の自動車の左側面に衝突した事故です。

交通事故から一週間ほど後、過失割合や今後の相手方保険会社との対応のことにご不安を感じられ、ご相談に来られました。

対応

ご主人については、慰謝料について相手方保険会社と争いが生じましたが、交渉の末こちらの請求額に近い内容で示談ができました。

奥様については、十分な期間治療を受けた後も症状が残っていたため後遺障害認定手続きを行いましたが、非該当という結果でした。しかし、ご依頼者と相談し、異議申し立てをすることにしました。

その際に、主治医から意見を求めるために医療照会をし、後遺障害に該当すると判断すべきである旨の異議申立書を作成して異議申立てをしたところ、当初の判断が覆り、後遺障害が認定されました。

結果

主婦の休業損害や傷害慰謝料・後遺障害慰謝料・逸失利益などを請求しましたが、全てこちらの請求に近い内容で示談をすることができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-442-260 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-442-260
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ