交通事故 [事例7]

60代パート主婦、むち打ちで後遺障害14級、示談金は270万円超獲得

60代女性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、左肋軟骨骨折折 272万円

背景

Aさんは、自動車を運転し十字路交差点の優先道路を直進中、一時停止無視で右方からでてきた相手車両に衝突された事故です。

相手保険会社の対応が悪いということと、怪我でお仕事を休んでいるので不安であるとのことで、ご相談いただきました。

対応

Aさんは、事故前から工場でパート勤務をしていましたが、事故によるケガにより休業を余儀なくされました。
Aさんの腕にしびれが残ってしまいました。そのために仕事を続けることが困難となり、そのまま仕事を辞めざるを得なくなってしまいました。

休業損害については、退職日の分までは実収入ベースで内払がされていましたが、兼業主婦であり、主婦休損で計算した方が金額が高くなることから、示談交渉時には賃金センサスを基礎収入として計算するよう交渉しました。

月20日ほどパートをしていたので、兼業主婦といっても実収入ベースで休業損害や逸失利益が計算される可能性も高かったのですが、怪我により仕事を辞めざるを得ず、やめて以降専業主婦となっていることなども強調して交渉することにより、相手方保険会社との間で、賃金センサスを基礎収入として計算することで示談ができました。

結果

むち打ちで後遺障害14級9号獲得、賠償金は270万円を超える額を獲得することができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-442-260 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-442-260
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ