支店長弁護士インタビュー

越谷支店長 埼玉弁護士会岡田 大弁護士

泉総合法律事務所 越谷支店長、岡田大(おかだだい)弁護士のインタビューです。ご相談いただくにあたり、心がけていることなどをインタビューしました。

駅からのアクセスが良く、明るく静かな事務所です

――― まずは、越谷支店についてお聞かせください。越谷支店の事務所周辺の街の雰囲気や印象、駅からの道のりや、道の分かりやすさなど、来所しやすさにつながっている特徴をご紹介ください。

当事務所の最寄り駅は、JR武蔵野線南越谷駅と、東京スカイツリーライン新越谷駅です。
事務所周辺は、つけ麺屋やおしゃれなカフェなどがあり、夜になれば越谷ゴールデン街を多くのお客さんが訪れます。

にぎやかで活気がある街だと思います。

JR南越谷駅北側線路沿いをレイクタウン駅方向に直進すると、黄色い壁のノーブルクロスⅠビルがあります。越谷支店はその3階です。
線路沿いを歩いて3分程度ですので、ご来所の際はわかりやすいと思います。

ビルにはエレベータがありますので、ご高齢者・車いす・松葉杖の方も安心してご来所いただけます。
エレベータで3階に降りると正面が泉総合法律事務所の入り口です。
入口扉にインターフォンがありますので、インターフォンを鳴らしていただければ相談室までご案内いたします。

 

――― 事務所の相談室の特徴をご紹介ください。また、ご相談者様のプライバシー配慮、相談しやすい雰囲気のために工夫していることがあればご紹介ください。

相談室は比較的大きな部屋で、椅子も3名様まで対応できるように設置しております。
ご家族や同伴者の方と一緒に来所されても大丈夫です。

相談室奥には窓があり、明るい雰囲気の相談室です。
1ブースのみですので、他の方のことを気にせず、安心してお話ししていただける環境です。

 

――― 岡田先生のご相談者様への対応についてお聞かせください。レスポンスを早めるために心がけていることや、ご相談者様と同じ目線で法律相談をするために心がけていることなどをご紹介ください。

お電話の場合も、メールでお問い合わせいただく場合も、いずれも当日中の折り返しを心がけています。
内容によっては文献等で調査の必要がある場合もございますが、できるだけスムーズに対応するようにしています。

ご相談では、わかりやすい言葉でお話するよう心がけています。
また、こちらから一方的に話すのではなく、『何に不安を抱えていらっしゃるのか』『どのような解決がお望みなのか』を把握するためにも、まずはしっかりとお話を伺うようにしています。

 

全力で想像力を働かせ、ご依頼者様の感情面にも配慮する

――― 先生にとって、事件解決に取り組む際のモチベーションや、事件解決にどのように取り組んでいきたいかの意気込みなどをご紹介ください。

ご依頼者様に最大限の満足をいただくことが、私のモチベーションです。
時にはご依頼者様に厳しい結果となることもありますが、厳しい中でも少しでも満足いただけるように取り組んでいます。

事件解決に当たっては、スピード感をもって取り組んでいます。
事件の種類によっては、時間との勝負となるものがあります。例えば刑事事件はその典型例です。
身柄解放のための弁護活動や示談に向けた活動などは、一刻も早く行動に移すことで、ご依頼者様にとって利益のある解決を導きやすくなります。

お受けした段階によっては状況的な制約を受けることもありますが、ご依頼者様の利益が出来るだけ大きくなるように、スピーディかつ柔軟な思考をもって対応してまいります。

 

――― 法律相談における早期相談の重要性について、痛感したエピソードがあれば、ご紹介ください。

例えば債務整理の場面などでは、早期相談が重要になります。

私がご相談を受けた方で、ご相談にいらっしゃる直前に、返済のための借入を100万円単位でしてしまった方がいらっしゃいました。
もしその借入前にご相談にいらしていれば、任意整理の可能だったかもしれない方でした。
任意整理と個人破産ではご本人が手続負担が大きく異なるため、とても残念なケースでした。

返済が難しくなったら、なるべく早くご相談にいらして下さい。

 

――― 最後に、お聞きします。岡田先生は弁護士として、ご相談者様に何を提案又は提供したいとお考えですか。

弁護士の仕事は、法的なトラブルに対して一定の解決案を示し、ご依頼者様とともに解決にむけて活動することだと思っています。

解決案は多くの場合複数あり、最終的な選択はご依頼者様の意向が全てです。
解決案のメリット・デメリットをしっかりと伝え、ご依頼者様の判断の支えになるような存在でありたいと考えています。

また法的なトラブルは、ご依頼者様にとって、単に法律的に割り切れるものではなく、感情的な側面もあるのが普通です。
個人の感情を他人が理解することは、難しいことですが、私なりに全力で想像力を働かせ、そうした感情的な面への配慮を怠らないようにしています。

法的な検討と感情面への配慮の2軸から、どの解決案が好ましいのかを考え、ご依頼者様にとって最適な解決となるようにご提案していきたいと考えています。

 

――― インタビューは以上です。岡田先生、ありがとうございました。

ありがとうございました。

 

無料相談受付中! Tel: 0120-442-260 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-442-260
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ